イベントにて

2018年6月 7日 (木)

障がい者長崎打楽団〈瑞宝太鼓〉

 闇と静寂を、和太鼓がうち破った。
 ばちをふる男たちの二の腕がたくましく、スポットライトでステージ上に浮かぶ乱舞は気迫がある。
 二列目の席でみていたぼくは、おなかに響いてくる太鼓の音に、
――おぉぉ~。
 強く訴えかけてくる力のようなものはしかし、生の演奏だから、というだけではあるまい。団のメンバーは、みんな障害を抱えている。生きてきた道は、けっして楽なことばかりではなかったはずだ。太鼓と出会い、表現手段とした。練習の積み重ねの日々、そして人生への想いがこもっているからだろう。
 障がい者長崎打楽団〈瑞宝太鼓〉のコンサートがきのう、仙台市太白区文化センターの楽楽楽ホールで催された。観客席の一員に車いすで加わっていた。
 ぼくが障害者施設から出てアパート暮らしに移ったときパソコンなどでお世話いただいた白髪まじりの男のボラさんと、
「車いすで生演奏きけるライブハウスって、なかなかないんだよね…。防音設備上、ビルの地下とか多いんだけど、ほとんどエレベーターついてないし」
 そんな話をメールでやりとりしていた。
「じゃあこんど、瑞宝太鼓のコンサートがあるんだけど、行ってみない。太白区文化センターだから、車いすOKだし」
 と教えてもらった。
 太白区文化センターは、自宅から歩いて行ける距離である。介護事業所に、移動支援の申し込みをした。派遣されたヘルパーさんに手押しの車いすを押してもらって、会場まできたのだった。
 コンサートのなかばに、休憩時間が十五分あった。のどが渇いたので水分補給にホールの外へ出た。
 出入り口付近の売店で買ったアイスコーヒーを、ストローですする。自宅から近いといえ、ヘルパーさんには車いすを押させてきたので、気になっていた。
「おからだ、疲れてませんか?」
「わだしですか。いえ、ぜんぜんだいじょうぶですよ。いや~、太鼓の演奏、すごいですよね。たのしいです」
 ヘルパーさんに聞いて、それならよかったとホッとし、コーヒーをストローですする。
 太鼓の演舞の後半が始まった。
 小さな金属製の楽器を両手に持ち、体をくるくるまわして進みながら打ち鳴らす。リズムをとって笛を吹く。
 演奏は、もう何曲目だろうか。ばちで太鼓を打つうでも疲れているはずだ。それでも完成度の高い演舞に驚く。心も晴れやかになるのは、演者に楽しげな笑顔があるからだろうか。ファンは、国内だけではないという。
 感動と勇気をありがとう。がんばれ!

| コメント (2)

2017年8月 7日 (月)

仙台七夕祭りで

 地下鉄勾当台公園駅のエレベーターで地上へ出ると、出店が並ぶあたりは、人の波だった。
 仙台七夕祭り見物へ、きのう午後から出かけた。
 家族づれや浴衣姿のカップルが、むこうからきてすれ違う。
 車いすを押してくれていたヘルパーさんは、おだやかな男の人だった。
「人が込んでるけど、祭は雰囲気ですよね」
 ぼくも、うなずく。
 すいているほうへ、車いすを押してもらう。おなかがすいてきた。
「なんか、食べたいですね」
 そう伝える。ところが、へんだな、と首をかしげた。車いすが、高校生らしき女の子のグループのほうへ、そろり、そろり、と進んでいくではないか。水色やピンクの浴衣の花模様が、かわいらしかった。そこで気づいた。
 のんきに思っているところじゃない。
 脳性まひという障害により、話すのに舌がもつれ、ぼくの言葉がはっきりしない。おまけに、まわりがにぎやかすぎて、なんか食べたいと言ったのが、ヘルパーさんには、
「タイプのコがいるんで、あそこへ行きたいです」
 と聞こえてしまったようなのだ。
 ちがう、ちがう、とぼくは手足をバタつかせた。――こんな冴えないオッサンじゃ、まずいよ~。ガールハントなんて、したこともないし…。
 出店をですね、もう少しみたいんです。そうふたたび伝えると、
「あ、なんか食べたいんですね」
 女の子のグループのほうへ進んでいた車いすがバックしたので、ホッとした。
 七夕祭りには織り姫と彦星の、かなしいけれど、ロマンチックな物語がある。
 地下鉄駅のエレベーターの中で、鏡に映る自分をみて、年とったな、としみじみ思ったばかりだった。――そういう浮いた話なんて、なかったな。
 いつしか日は落ち、勾当台公園では歌のステージが始まっていた。
 ハイボールを飲んで少し酔いがまわるにつれ、いつも抜けない体の力が、いいぐあいにゆるんできた。
 意に反して手足が動く症状もなくなり、アルコールのおかげで体がラクになると、祭の雰囲気が楽しくなった。
 さっきのできごとを思い出し、笑いがこみ上げた。
 あのまんま車いすを押してもらって浴衣姿の高校生らしき女の子のグループの中まですすんでいたら、人のよいヘルパーさんだから、
「タイプのコがいるそうです」
 とぼくの思いを通訳?してくれたりするんだろうか。そうなっていたら、ぼくはうろたえるにちがいない。いったいどうしていたんだろう…。

| コメント (6)