« 仙台七夕祭りで | トップページ | 急に冷え込んだとて »

2017年8月29日 (火)

眠っているときの警報、なんとかならないか

 朝早くに枕もとで大音量がして、たたき起こされた。
 ケータイに使っているBluetoothスピーカーだった。寝ていても電話に出れるよう、枕もとにおいている。
 地震がくるのかと、やっと頭をもたげ、携帯画面をのぞく。
 ミサイルが飛んでくるかもしれないっていう警報だった。北朝鮮で発射したらしい。ハワイへ向けた実験か。
 途中の日本に落ちるかも、ということだろう。
 人と人、国と国。
 世界に宗教は数々あれど、心理学の研究結果も数々あれど、現実は気の遠くなるほど複雑でややこしい。なかなか平和にいかないもんだ、とぼくは観念している。むずかしいことはもう、考えたくもない。
 この不自由な体で避難しろったってな、ミサイル飛んできたら、終わりだろう。いつでも覚悟はできてるんだよ。
 それよりぼくが怒っているのは、せっかくの安眠をさまたげられたことだ。
 ケータイ電話の会社か、政府か、どこに苦情を言ったらいいんだ。
 警報の音がうるさい。
 本田美結ちゃんか、広瀬すずちゃんの声にしてくれ。
  ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノしりふりダンス♪

« 仙台七夕祭りで | トップページ | 急に冷え込んだとて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ささめ。さん

ありがとうございます。
戦時中は、睡眠不足のひと、多かったのかもしれませんね。
今回の〈北朝鮮からのミサイル〉も警報がなって、落ちてくるとしたら、4分のあいだに逃げなければなかったとか……。

はい、その日は眠くって、いつもより長くお昼寝しました(^^ゞ

戦時中の空襲警報みたいなものですからねぇ。
夜中だろうが何だろうがいつでも鳴るでしょうね。
何もなくてよかったですよ。
睡眠不足になった分、お昼寝でもしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙台七夕祭りで | トップページ | 急に冷え込んだとて »