« 真夏の猛暑の予感 | トップページ | 耳元でささやく声に »

2017年7月 6日 (木)

日によっては本田美結ちゃんだったりもする

 流れるCM、広瀬すずちゃんを拝めば、ガチガチになったオッサンの頭にも、草原のそよ風が、吹きぬけていく。
ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノしりふりダンス♪
 フェースブックを読み返してみれば、そんなつぶやきが多くて、われながら、なんじゃこりゃ、と思う。疲れがたまっているのだろう。日によって、すずちゃんのところが、本田美結ちゃんだったりする。そういうとき、子猫や子犬をみて、かわいい、と癒やされる感覚に近いかもしれない。
 頭の中は、おとぎの国なのだ。そこでのぼくの姿は、歌って踊れる、ジャニーズ系の少年ということになっている。
「あなたにとって、ちいさなしあわせって、なんですか」と問われれば、まちがいなく、そういう瞬間、と答えるだろう。
 生きていくために介助を必要とする者としては、年々不安が増している。福祉の支え手が少なくなっていき、合わないからといっても介助者を変えてもらうわけにはいかなくなろう。このままだとさらに日々の介助者との関わりだけで神経をすり減らすようになっていくのではないか。休む時間がないと、やっていけないわけである。
 日本のお偉いさんよ、新聞を読んでみたまえ。
 学校ではイジメによるとされる生徒の自死、電車内の痴漢逮捕、家庭内の問題で起きる事件。
 人と人との関わりは、口も満足、体も満足な人同士でさえ、むずかしいのである。
 そろそろ良心をあてにした福祉のかたちを、もっとシビアな目をもって変えていけないものなのか。介護職の給料があがらないかぎり、しっかりした人も集まるまい。
 ときたま、障害者はラクでいいな、なんて声を聞く。そういう人たちも、他の立場をわが身に置きかえられない、という障害を抱えているんだろうな。身体の障害を背負って五十年生きてきたいま、しみじみ思う。そういう人たちを福祉職に就かせて、いいわけがない。
 ほかの職種に就けない人も、世間体といったたぐいの理由だけから、しょうがなく就く仕事にしてしまわれては、ほんとうに困るのである。 
 体も動かず口もきけない人たちが、どんな心ない仕打ちに堪えて、つらい日々を送っているのか、ほんとうにわかってらっしゃるのか。かたちばかりの対策では意味がないのである。
 医学の進歩で診断名のつく病気がふえていよう。これまで健常者とされていた人たちにも、そのうちなんらかの障害名が診断されてついていくんじゃないか。
 健常者という言葉がなくなるころ、はたしてどうなっているのだろう。わかりあえる社会になっているか。もう人という類はいなくなっているのか。まあ、難しい話はいい。
 わかり合えない社会をふんばって生き抜くのに、この白髪まじりのオッサンの心も少々くたびれてきた。お手上げと思い、まけてしまいそうになるときがある。
 テレビ画面の向こうは遠い世界だけれど、それでもそこに広瀬すずちゃん、本田美結ちゃんの笑顔があらわれるだけで、もう少しがんばってみようという気持ちになれるのだ。
 テレビに関わる御方々、これからもたのみますぞ。

« 真夏の猛暑の予感 | トップページ | 耳元でささやく声に »

こころの支え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の猛暑の予感 | トップページ | 耳元でささやく声に »