読んでほしいカテゴリーへのリンク集



2017年6月20日 (火)

垣根の謎の黄色い花

 ザ・モール仙台長町の交差点側の生け垣に茂った濃緑の葉にまじって無数の黄の花が、咲いていました。
 この前電動車いすで通ったときは、見ごろは終わりかな、と思ったのですが、どうやらいまが盛りの花らしい。
 なんていう花なんだろう。
 毎年眺め、ネットで検索しても出てきませんでしたが、またパソコンに向かい、調べてみました。
「いま咲いてんだから〈初夏〉といれて、〈黄色い花〉、〈生け垣〉でどうだ」
 すんなり写真つきであらわれました。
 これだ、なるほど。
〈キンシバイ(金糸梅)〉というそうです。
 写真が撮れればいいのですが、手が不自由で、ちょっとむりでした。
 興味をお持ちの方は、ネットで検索を……
 ひとつ、もやもやが晴れました(^^ゞ

| コメント (2)

2017年6月18日 (日)

疲れたときは音楽

 自宅にいるときはすきな音楽を流していると、神経の疲れが和らぎます。
 クラシックはピアノかチェロ、交響楽よりも、アンサンブルか、ソナタがいいです。
 J-POPは、新旧にかかわらず、耳にしていい曲だな、と思えば、ネットで探して購入します。
 スピーカーに使っているケーブルも、2種類もっています。
 日本の業務用のケーブルCANARE〈4S6〉は、1メートルで100円前後です。
 アメリカの業務用のBELDENのケーブルは、それより少し高めです。
 なんどかつなぎかえてもらって、聞きくらべましたが、いまはCANAREのほうをつないでいます。
 音楽の雰囲気がかなり変わります。
 BELDENをつなぐと、楽器が分離して、はっきりくっきり鳴ります。絵画だと写実的というんでしょうか。
 CANAREをつなぐと、音楽全体がやわらかくまとまり、スピーカーの位置より奥で演奏されているようで、広い建物で聴いているようです。まったりしたいときに、合います。
 ケーブルごときで音楽の印象が変わるなんて、はじめは思いもしませんでした。ひとりでゆっくり音楽を聴ける環境は、ぼくにとって欠かせないものであり、好奇心で試してみたのです。
 コンポの音が好みじゃないときは、業務用の安いのでいいんです。個人差はあると思いますが、スピーカーケーブルを代えるだけでも、いい感じに音が変わるかもしれません。
 最近は、とにかく、まったりしたいのです。
 手嶌葵の〈I Love Cinemas -Premium〉という洋画の主題歌をカバーしたアルバムや、上白石萌音の〈chouchou〉というカバーアルバムは、音が柔らかく奥からひろがるCANAREのケーブルが合うと思いました。
 どちらの歌い手さんも、優しく澄んだ歌声が子守歌のようで、疲れて休むときは、癒やされます。

| コメント (0)

2017年6月13日 (火)

日本のお偉いさんへ

「共依存症」
「統合失調症」
「更年期障害」
「双極性障害」
 まだかじったばかりですが、本をいろいろ読んでおりました。日本の福祉サービス利用者のひとりとして、不安をだいているからです。
 病気が重くなると、専門家でも対応が難しいそうです。
 介護職のひとたちのメンタルの管理を、ちゃんとやってもらえる仕組みを作ってもらわないと、福祉サービスの利用者は、安心した生活を送れません。活動や人付き合いも、少しでも楽しく生活がしたいと思っても、逆に阻まれてしまうのです。
 支え手のプロであるはずの人たちが、壁になってしまうのです。
 厚生労働省も、高級官僚も、政治家も…、そのへん、認識してらっしゃるのか
 なんでと聞いてくださるなら、克明にご説明いたしましょう
 まあ、いい
 今はぼくも、数年の福祉現場の動向、現実にそって方向を変えるため、勉強に力を入れるだけです

| コメント (2)

2017年6月 9日 (金)

あの黄の花は

 長町南の大通りの若緑の並木の葉が、いつのまにか濃くなっていた。店の建ち並ぶ歩道を、電動車いすで行く。
 向かいからの風がときおり強く吹き、あわてて下を向いて帽子が飛ばされるのを防ぐ。
 ほかの県から来たひとは、仙台は風が強いですね、という。冬が寒く感じるのはそのせいもあるかもしれない。緑が濃くなるいまごろの時期、特に暑い日は、その強い風も、かえって心地よい。
 平成二十九年六月九日、昼過ぎに電動車いすに移乗してもらい、しばし長町南(仙台市)の自宅から散策へ出た。
 六月ももう半ばになる。梅雨入りすれば、明けても今度はギラギラした陽の光にやかれる季節になり、ひとりでの散策はとうぶんできなくなると思ったからである。
 先日ララガーデン長町のショッピングモールへ入ったときである。車椅子用のエレベーターのボタンをげんこつの角で押そうとするが、なかなかあたらない。うでを伸ばして動かそうとすると、あさってのほうへいってしまう。脳性まひによる不随意運動といって、自分の意志と関係なく動いたり、動かなかったりする症状である。調子のいいときは、すんなりボタンが押せるのだけれど、やれやれ、まいったな、とため息をついていたところ、
「わたしがボタン、押すんで、こちらにのりませんか」
 ちいさい子を抱いた若いお母さんが声をかけてくださり、高い位置にボタンのあるほうのエレベーターに乗った。
 そして三階で下ろしてもらい、礼をいってわかれ、料理店などみてまわった。隣の同じショッピングモールの建物、ザ・モール仙台長町の家電コーナーへも行った。32型ぐらいでパソコンのモニターにもなるテレビがあればみてみたかったが、品数がなかった。大きな家電店が近くにあればいいのにな、と思う。
 建物を出ると、その垣根の葉に埋まって黄の花が、ぽつり、ぽつり、咲き残っていた。花の大きさは三、四センチで、おしべが輪のかたちになってめしべを囲んでいる。
 いつも気になっているが、春の終わりから初夏にかけ、毎年あの垣根に無数に咲く黄の花の名は、なんというのだろう……。

| コメント (1)

2017年6月 2日 (金)

〈Hello〉の楽曲もいい

 きょうは、井上苑子のアルバム〈Hello〉。
 ミュージックストア〈mora〉でダウンロード購入し、自宅のコンポでながしています。
 槇原敬之の〈どんなときも〉のカバーがスマホのCMでつかわれていましたが、1/fゆらぎというのか、独特な歌声が、疲れた体にしみわたります。
 アルバムの楽曲も、なかなかいいです(^^ゞ

| コメント (2)

2017年5月31日 (水)

年と共に

20175311

 出かけて店の窓ガラスに映る、自分を見ることがある。
 髪が1ミリだと、前の中央の白髪が、ハゲにみえるんだな。
 自分じゃ、信じられんけど、もうすぐ四十代ともおさらばさ。
 年と共に、何が変わったか。白髪とシワがふえた。それだけだな。
 年代を基準に、よくどうこういうけれど、
 子供がいないから、親心が話題になってもわからん。
 家庭ももっていないから、そういう話もわからん。
 彼女だっていたことないから、そういう話もわからん。
 昔はよかった、という話も、興味ないしな。
 あこがれる女優さんやアイドルの年代だって、
 小学校低学年のころと、なんら変わらん(これはたぶん、彼女がいたことないからだと自分では思うんだな。中身の年齢は、経験の種類や立場の変化で変わるんじゃないか)。
 さりとて、まわりに話を合わせんと波風立つから、話をふられりゃ合わせて頷く。
 しかして、ひそかに思う。この世の中、なんで自分と他人を区別しないで、同意して当たり前、みたいに話す人が多いんやろな。
 そういう社会であるいじょう、気にしてどうこうなるわけじゃないし、しゃあないな。
 それより、いま気になってんのは、この髪の長さだ
 少し伸びたから、ハゲに見えなくなったな。
 けれどいまは、何を言われても、
 あこがれの本田美結ちゃん、広瀬すずちゃんに、いわれたわけじゃない、と思うから、傷つかんよ。
 そういえば、年齢若いころは、それは、なかったな……
ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノしりふりダンス♪

| コメント (4)

2017年4月20日 (木)

生きていく強さ

 電動車いすを歩道のわきに寄せて、一息つく。心地よい風が吹く季節になった。小さな花が、かすかにゆれている。
 長町南(仙台市)も四月にしては、温かな日が多かった。先日は区役所や郵便局などへ用があって出かけた。
 脳性まひの障害のためはっきり話せなくても、受付窓口の職員さんがなんとか聞き取って代筆してくれる。だから、そちらの用足しは簡単な手続きならひとりですませられる。
 昼過ぎまで自宅訪問していたヘルパーさんが用が終わって帰る。そのとき、玄関から電動車いすへ乗せてもらうのだ。
 用足しに行き、それが早く済んだときは、公園やショッピングモールへ寄ってみたりする。
 外へ出ても、心ない人にであって、気が滅入ることもあるが、それだけではない。
 だいぶ温かくなったとはいえ、日陰などは風が吹くと、まだ寒く、その日もダウンのジャケットを着せてもらっていた。電動車いすを寄せ、エレべーターのボタンをいつものようにひじで押そうとする。そうか、まいったな。
 ダウンのジャケットのふわふわしたそでに包まれたひじでは、くぼんだボタンがなかなか押せない。ひとりでボタンを引っ込ませているふちと格闘していたのである。
「ボタン、押しましょうか」
 小さな子を連れた若いおかあさんが助けてくれた。礼をいってエレベーターへ入ることができた。
 外では電動車いすをちらっと見て、進んでいる先の自転車を、そっとよけてくれていた小中学生にもであった。
 いまどきの若い者は、なんて、よくきくけれど、大人だって、子どもだって、人によりけりではなかろうか。
 そうかといって、ぼく自身も、同じ愚を犯し、特定の立場の人をひとくくりにして距離をおいてしまう心がある。大きなショックを受け、傷ついた心では、共通するものがあると、関係ない人まで、こわくなってしまうのである。
 自分の心さえ、そんなふうにままならない。それを隠すためかっこつけたりしながら、どうしていいかわからずにいる。考えてみるにしかし、だれもがそんなものを背負っていたりするのではないか。
 帰り道、近所の小公園へ寄った。何本かの木に白い花が満開で、しばし見入っていた。その淡い姿には、つつみこんでくれるような優しさ、けなげに生きる強さを感じた。たぶん桜の一種なのだろう。車の行き来が多い小公園である。
 排ガスをかぶっても、毎年この場で、清楚でかれんな花を咲かせ、ここにくる人々の心を和ませてくれていたのだろうか……。

| コメント (8)

2017年3月31日 (金)

ああ、磯野波平よ

 夕べ、テレビをつけたら、〈卒業〉をテーマにした歌番組をやっていました。しみじみと、そんな季節なんだとひとりつぶやいていると、きいたことのある声がします。
 曲の紹介をかね、それにまつわる思い出、視聴者からの投稿ですが、読みあげていたのは、あのかわいらしい子役の本田美結ちゃんでした。
 もう小学校を卒業したそうだから、子役とはいわないか。『家政婦のミタ』のテレビドラマで、あんなにちいさかったのに、中学生になるんだそうです。
 ぼくはぼくで気づけば、五年ぐらい先には『サザエさん』の、あのつるっぱげのお父さん、磯野波平がせまっています。
 とほほ……。
 夜になると、疲れがたまって、なんにもしたくなくなります。本田美結ちゃんの天使の笑顔がそこへあらわれ、そんなもの、もう、どこかへ、ふっとんでしまいました。

| コメント (8)

2017年1月20日 (金)

空気が冷たくて

 指先が特に、思うようには動かせない。外へ出ると、たびたび、
「ティッシュを……」
 介助者がいなければ、鼻がかめないのである。脳性まひ、という障害のためだ。
 電動車いすに乗せてもらっても、ひとりでの散歩はとうぶん大自然の神がゆるしてくれそうにない。冷たい空気の刺激で涙がぼろぼろ、鼻水も流れて、冴えないオッサンの顔が、さらにたいへんなことになってしまうからだ。
 自宅にいると午前十時に、玄関のドアがひらく。
「よろしくお願いします」
 ヘルパーさんがきて、ぼくはキッチンへ這っていった。
 冷蔵庫をあけてもらって、中をみる。足りなくなっている食材があった。
 ヘルパーさんについてもらい、電動車いすで近くのスーパーへ出かけたのだった。
 スーパーの入り口を通る。温かくてホッとした。鼻水をすすってあたりを見回し、食材売り場へ進む。
 納豆ご飯とか質素な食事が多かったから、たまにはサーモンの刺身もいいか。いや、熱燗をきゅっといっぱい。煮込みおでんも、いいなぁ……。
 店内に流れるアナウンスが、
「もうすぐ節分です」
 遠い時代、病気や災いは鬼のしわざと信じ、豆で払った行事と解説が続く。
 赤鬼青鬼のマンガチックなお面がぎょろりとしたまなこで、行き交う買い物客をみていた。
 正月のつもりでいたら、もう節分が迫っているのか。日のたつのが早いのは年を重ねたせいなのだろうか。こんど誕生日がきたら、ぼくも五十なのか。あぁ……。
 用が終わってスーパーを出た。
 吹いてくる風が冷たくて、またブルッとしてしまう。
 平成二十九年一月二十日、きょうは大寒である。
 空を仰ぐと雲が広がっていた。
「風邪ひかないでね」
 ささやく声がして、みまわすが、それらしき人はない。そばの木が、かすかにふるえ、心なしか寒そうだった。風邪ひかないうちに、ぼくも早く帰ろう。

| コメント (4)

«建物がゆれて